HOME > 学部・学科 > 「臨床工学専攻」

先進医療を現場で支える”命のエンジニア”臨床工学技士を養成します

チーム医療を支える重要メンバー
病院では医師や看護師、薬剤師、管理栄養士などさまざまな専門スタッフが働いています。そうした専門家たちが力を合わせて患者に対応するのが「チーム医療」。近年、質の高い医療の実現を目指し、この取り組みは広く浸透しています。
臨床工学技士は、そのチームに必須のメディカルスタッフです。ハイテク化する医療機器を安全に利用するには相応の専門知識・技術を備えた専門職は欠かせません。
手術をはじめ最前線で人の命を守る
臨床工学技士は病院で多様な業務を担当しています。
呼吸治療業務
肺の機能が低下した患者に装着する人工呼吸器に関して、装着時の安全確認を行います。
血液浄化業務
体内にたまった老廃物などを排泄・代謝する機能が働かなくなった場合、血液透析療法、血漿交換療法、血液吸着法を行うための装置の操作を行います。
人工心肺業務
心臓手術の際、心臓や肺の代わりにその働きをする装置(人工心肺)を操作します。
手術室業務
手術の際、多いときには数十台もの医療機器が同時に使われます。それら医療機器の操作と管理を行います。
集中治療業務
集中治療室には命に関わる状態の患者が運び込まれます。貴重な生命維持管理装置の操作を行います。
高気圧酸素業務
脳梗塞患者などに対し、高い気圧下で酸素を吸入させ血液中の酸素を増やす、高気圧酸素療法の装置を操作します。
ペースメーカ/ICD業務
不整脈患者にペースメーカ(PM)や、植え込み型除細動器(ICD)を植え込む手術の際に装置操作を行います。
心血管カテーテル業務
狭心症や心筋梗塞の検査に際し、医師の介助に加え、周辺機器(ポリグラフなど)や補助循環装置の操作を行います。
医療機器管理業務
命を守る医療機器が、いつでも安全に利用できるよう一括管理。責任を持って保守・点検を行います。
医師や看護師と同様の大きなやりがい
人の健康を守る、命を救う、医療の現場で患者を笑顔にするやりがいは医師や看護師などと同様です。それに、医療スタッフは必ずしも機械に強い人ばかりではありませんから、そうした医療スタッフから頼られるという点もやりがいといえるでしょう。責任が大きく、使命感や倫理観も問われますが、その分だけ大きなやりがいが得られる仕事です。

COLUMN

33年前に誕生した
臨床工学技士
臨床工学技士は1987年に法制化されました。かつては医師と看護師が医療機器を操作していましたが、科学技術の発展で医療機器も急速に進化し、安全な操作と有効活用には専門職が必要との考えが自然発生的に起こり、それに応えて誕生しました。
医学と工学の知識が
問われる国家試験
臨床工学技士になるには国家資格が必要です。もちろん本学臨床工学技士コースで取得可能です。試験科目は、医学概論、臨床医学総論、医用電気電子工学、医用機械工学、生体物性材料工学など。合格率はおよそ70~80%です。
さらなる専門職
目指すことも可能
臨床工学技士として、より高度で専門性の高い業務に従事できる能力を示す資格認定制度があります。

専門臨床工学技士
(日本臨床工学技士会が認定)

●血液浄化専門臨床工学技士、●不整脈治療専門臨床工学技士、●呼吸治療専門臨床工学技士、●高気圧酸素治療専門臨床工学技士、●手術関連専門臨床工学技士、●内視鏡業務関連専門臨床工学技士、●心・血管カテーテル関連専門臨床工学技士

CLOSE UP COURSE ④

臨床工学技士コース

先進医療チームの
リーダーとなる

「次世代型臨床工学技士」
を養成します

本学が養成するのは医療の最前線でリーダーシップを発揮する人材
近年の医療機器のハイテク化で存在感を高めている臨床工学技士。本学が養成を目指すのは、その中でもリーダーシップを発揮できる人材です。そのための環境は万全です。複数の医師と臨床工学技士が、最新の医療機器を実際に使い、真に役立つ知識・技術を教えます。さらに本学に期待を寄せる病院や医療機器メーカーと協力体制も確立。情報大ならではの質の高い教育を行っています。

コースのポイント

進化する医療現場&真価を
発揮する臨床工学技士

最新ロボット「da vinci」を保守・管理
医療の進化を代表するのが手術支援ロボット。アメリカの企業が開発した「da vinci/ダヴィンチ」は1~2cmの小さな創に内視鏡カメラとロボットアームを挿入し、医師は3Dモニター画面を見ながら、それらを操作・手術します。現場で手を動かすのは医師ですが、保守・管理するのは臨床工学技士であり、手術の成否に大きな役割を担っているといえます。
急を要する患者を「ECMO」で守る
新型コロナウィルス患者への適応で名が知られるようになった「ECMO/エクモ」。重症呼吸不全や循環不全の患者が治癒・回復するまでの間、体外式膜型人工肺により呼吸と循環の機能を代替します。世界の救急救命の現場で導入が進む、この医療機器を扱うのは臨床工学技士です。
補助人工心臓「IMPELLA」に対応
「IMPELLA/インペラ」は世界最小の画期的な補助循環用ポンプカテーテル・デバイス。急性心筋梗塞や劇症型心筋炎で搬送される緊急を要するショック状態の患者に対し、足の付け根から挿入したインペラが順行性補助循環を可能にます。一刻を争う場面で医師の操作を円滑かつ安全に行えるようアシストし、装着後の保守を行うのは臨床工学技士の仕事です。
最前線を学ぶ医療機器メーカーとの「実習コラボ」
日々進化する医療機器について、メーカーの担当者を招いて学ぶ「コラボ実習」を実施しています。医療現場はどこまで進んでいるか、即戦力となるためには何を身につけなければならないか、これからの臨床工学技士には何が求められるか。メーカー担当者の話は最新機器の紹介にも及び、実践の場で活躍する臨床工学技士と同じ知識を吸収することができます。

複数の現役医師と
臨床工学技士が指導

北大病院などで患者を診てきた医師と、救命救急にも携わった臨床工学技士、さらに生体工学に詳しい研究者が指導。医学部以外でこれだけスタッフがそろうのは全国的に希少です。

現役医師

西平 順 教授

佐藤 裕二 教授

佐藤 浩樹 教授

臨床工学技士

加藤 伸彦 准教授

清水 芳行 准教授

工学研究者

松田 成司 准教授

トップレベルを誇る実習施設・設備

現場をよく知る教授陣が、選りすぐりの機器を導入。大規模病院と肩を並べるほどの環境を実現しています。最新機器を学生のうちから学ぶことができるのは大きなメリットです。

手術室(人工心肺)

ICU(集中治療室)

心臓カテーテル室

救急救命室

人工透析室

臨床検査室

付加価値で輝くスペシャリストになる
本学・臨床工学技士コースで学ぶメリットはカリキュラムにもあります。通常は国家試験に沿った科目がほとんどを占めますが、本学では「情報」関連の知識・技術を学ぶことができます。AI、IoT、ビッグデータといったテクノロジーはこれから医療にもどんどん活用されます。これを学ぶ環境は、本学は他より秀でています。就職のことを考えても、その先にある実務のことを考えても付加価値を身につける意味は大きいでしょう。
将来的なキャリアを考えたら大学が有利
臨床工学技士になるには大学進学するほかに、専門学校に進み国家試験を受験する道もあります。しかし、じっくり時間をかけて学ぶことにより知識や技術は定着しますし、多くの実習経験を積むことにより自信を持って現場に出られます。
また、スタートから給与ベースが異なるほか、昇進などキャリアアップを考えると現実的には大卒が有利です。
「医療に貢献する」熱意ある人材に期待
医療界では、何より人の命や健康に貢献したいという熱意を持った人材を求めています。医師や看護師など他の医療スタッフとともに高い志を共有できることが肝心です。やる気があれば、それを伸ばす環境は本学に整っています。

臨床実習先となる病院(2019年度実績)

江別市立病院、渓和会江別病院、JCHO札幌北辰病院、新札幌駅前内科循環器、札幌徳洲会病院、H・N・メディック、北彩都病院、手稲渓仁会病院、旭川赤十字病院、札幌中央病院、KKR札幌医療センター、NTT東日本札幌病院、札幌東徳洲会病院、帯広厚生病院、旭川医科大学病院
その他、函館地区および室蘭地区の基幹病院

ハイレベルな人材養成に対応した実習環境

バーチャルホスピタル
病院の医療情報室を再現した実習室で、主に電子カルテや病名コーディングの学習をするほか、実際の業務を模してスタッフとの連携のあり方もシミュレーションします。医療事務の仕事も身につけられるよう、病院受付カウンターがあり、患者応対を身につけることもできます。幅広い領域で即戦力となれるよう実力を磨くスペースです。
実習室※写真は実習室2
ICT環境では道内トップレベルを誇る本学。コンピュータ実習室は画像メディア実習室とLLメディア実習室、実習室1〜3があり、1,000台を超えるハイスペックマシンが高セキュリティのもとネットワークを結んでいます。医療情報学科の学生も、この充実したソフトウエアや周辺機器を使って質の高いスキルを身につけられます。

医療情報学科の実習環境は先進&リアル
この環境で実践に基づいた学びをするから即戦力が養われます画像をクリックすると詳細をご覧いただけます。

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ