HOME > 学部・学科 > 「臨床工学専攻」新スタート

ICT時代の医療人育成をテーマとする医療情報学科は、常にその役割の重要性を認識し、さまざまなチャレンジに取り組んでいます。「臨床工学専攻・臨床工学技士コース」はそうした立場から医療界への貢献を目指します。ここで育成される人材にはすでに医療関係機関より大きな期待が集まっています

Close-up クローズ
アップ

プロフェッショナルを育成する臨床工学技師コース

医療の現場で利用される機器のすべてに今、高度ICTが導入されています。これを使いこなす上で、医療とともにICTをしっかり理解しているか否かが、医療安全の確保及び医療サービスの提供に大きな差を生みます。まだ少ない、この2側面で充実した教育を、情報大の新コースは実現させます。

チーム医療に欠かせない
「臨床工学技士」

国家資格者である
臨床工学技士を養成します

人の健康を守るために医療は常に新しい技術に注目し、その導入に取り組んでいます。 現代医療は科学技術に支えられているといっても過言ではありません。医療機器を操作・保守・点検し、医療の質の向上と安全性を確保する専門医療職、臨床工学技士が果たす役割は大きくなるばかりです。ニーズが高まる一方で、人材不足と言われる臨床工学技士を目指しましょう。医学・工学の基礎から医療機器の特性および生命倫理まで学ぶカリキュラムと、最新の設備・機器を整えた「臨床工学技士コース」をご紹介します。

情報大の強み充実した教授陣

北大病院などで多くの患者を診てきた医師、救命救急にも携わってきたベテラン臨床工学技士、生体工学に詳しい研究者が勢ぞろい。少人数体制で質の高い人材養成を実現します。

西平 順 教授

医師・内科学

佐藤 裕二 教授

医師・消化器外科学

佐藤 浩樹 教授

医師・循環器内科学

加藤 伸彦 准教授

臨床工学技士・医用工学

清水 芳行 准教授

臨床工学技士・臨床工学

松田 成司 准教授

工学博士・生体工学

情報大の強み最上の実習環境

人工透析、手術、心臓カテーテルなど病院等で使用されているのと同じ機器をそろえ実習を繰り返します。実物に何度もふれて慣れることで即戦力が身につき自信が生まれます。

手術室(人工心肺)

手術室(人工心肺)

手術室(人工心肺)

手術室(人工心肺)

手術室(人工心肺)

手術室(人工心肺)

情報大の強み魅力のカリキュラム

臨床工学+ICT(情報通信技術)は本学のオリジナルであり他にない付加価値です。あらゆる場面で情報活用力が注目される中、医療界もICTを知る人材への期待を高めています。

臨床工学専攻・臨床工学技士コースのカリキュラム

〈医学・医療科目〉
  • 医学概論
  • 臨床医学総論
  • 解剖学
  • 生理学
  • 病理学
  • 医療制度論
  • 医療倫理概説
  • 生化学
  • 看護学概論
  • 福祉総論
  • 臨床検査概論
  • 薬理学
  • 医用工学概論
  • 臨床医学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • 循環器学
  • 呼吸器学
  • 麻酔学
  • 手術・集中治療学
  • 泌尿器学
  • 免疫学
  • 臨床工学関係法規
  • 公衆衛生学
  • 医療安全管理学
  • 栄養学
  • 食品化学
〈医療情報システム科目〉
  • 医療情報学概論
  • 医療統計学
  • 医療経営概論
  • 放射線医科学概論
  • 病院情報システム概説Ⅰ・Ⅱ
  • 医療経営戦略論
  • 医療マーケティング論
  • 医療経営演習
〈情報科目〉
  • ICT入門
  • コンピュータシステムⅠ・Ⅱ
  • プログラミング入門
  • JAVAプログラミング基礎演習Ⅰ・Ⅱ
  • Web技術基礎
  • システム開発基礎Ⅰ
  • ネットワークとセキュリティⅠ・Ⅱ
  • 情報社会論
  • 画像処理
  • メディアデザイン特別講義
  • データサイエンス
  • 医療情報特別講義
〈医用工学科目〉
  • 応用数学Ⅰ・Ⅱ
  • 電子工学Ⅰ・Ⅱ
  • 電気工学Ⅰ・Ⅱ
  • 臨床工学基礎実験
  • 機械工学
  • 物性工学
  • 材料工学
  • 計測工学
  • 医用治療機器学
  • 医用治療機器学演習
  • 生体計測装置学
  • 生体計測装置学演習
  • 医用機器システム管理学
  • 医用機器学実習
  • 生体機能代行装置学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • 生体機能代行装置学実習Ⅰ・Ⅱ
〈医学・医療科目〉
  • 応用数学Ⅰ・Ⅱ
  • 電子工学Ⅰ・Ⅱ
  • 電気工学Ⅰ・Ⅱ
  • 臨床工学基礎実験
  • 機械工学
  • 物性工学
  • 材料工学
  • 計測工学
  • 医用治療機器学
  • 医用治療機器学演習
  • 生体計測装置学
  • 生体計測装置学演習
  • 医用機器システム管理学
  • 医用機器学実習生体機能代行装置学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • 生体機能代行装置学実習Ⅰ・Ⅱ
〈演習科目〉
  • 臨床実習
  • ゼミナール
  • 卒業論文
〈学部横断科目〉
  • グローバルヘルスリテラシー
  • プロジェクトトライアル
  • BIとビッグデータⅠ・Ⅱ

なぜ注目されるのか

  • 遠隔医療、医療機器安全に有用なシステムの開発の基礎が学べる
  • 大学の資源を活用し、あらゆるソフトウェアを使えるようになる
  • 情報系大学・学部での臨床工学技士の養成は極めて珍しい
  • 医療現場にはプログラミングについて詳しい人間はほとんどいない

そもそも 臨床工学技士とは

臨床工学技士は今から約30年前(1987年)に法制化されました。かつては医師と看護師が医療機器を操作していましたが、科学技術の革新で医療分野の機器も急速に進化し、安全な操作と有効活用のためには相応の知識・技術を備えた専門職が必要との考えが自然発生的に起こり、それに応えて誕生しました。
最近では医療スタッフであるとともに、病院をマネジメントする総合管理職としての役割も期待されるようになっており、その存在感は大きくなるばかりです。

臨床工学技士コースのココにも注目!!

社会貢献の一環として、緊急時のAEDの使い方など市民講座を開くといった取り組みも考えています。

高度ICT時代に需要高まるプロフェッショナル「臨床工学実習室」

ハイレベルな人材養成に対応した実習環境を実現画像をクリックすると詳細をご覧いただけます。

TEACHER'S MESSAGE

全国トップレベルと胸を張れる実習室です

清水 芳行 准教授
清水 芳行 准教授

本学「臨床工学実習室」は全国トップクラスの実習環境といえます。機器類はすべて最新ですし、ベッドを中心としたレイアウトはまさに臨床現場を再現しています。特に手術室を想定した実習環境は郡を抜いていて、数々の病院で最前線を見てきた私の印象としてもかなり質が高く、まるで病院の中にいる感じになりますから、実践感覚で学ぶことができます。学生は臨床工学技士となって病院で働くイメージをリアルに抱くことができ、また、ここで力を養えば自信を持って臨床実習へ、さらに実際の仕事に就くことができるでしょう。これほどの機器がそろうシチュエーションは病院でもそうそうないので、現役の臨床工学技士の方々に研修・研究の場として使っていただくことも考えていて、その延長線上で学生と交流する機会が生まれ、学生の意識を高めることになればいいなとも思っています。それくらい胸を張れる実習室です。学生の皆さん、存分に活用されることを期待しています。

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ