HOME > 教員一覧 > 福光 正幸 先生

福光 正幸

情報メディア学部 情報メディア学科 教員

福光 正幸 先生 Masayuki FUKUMITSU

所属
情報メディア学部 情報メディア学科
職名
准教授

2020/03/11 更新

研究室
218
担当する授業
IoT時代のセキュリティ、インターネットセキュリティの技術、メディア技術演習、インターネットの仕組み、ネットワーク演習、情報メディアの数学II
ゼミの概要
セキュリティや暗号理論などの専門知識と同時に、Webアプリケーションやスマートフォンアプリケーションの開発を通じて実践的なプログラミングスキルを習得し、最終的にはセキュリティに関連するアプリケーションの研究開発を行います。
研究分野
暗号理論、情報セキュリティ、計算量理論
専門及び
研究内容
暗号方式の開発・理論的な安全性証明に関する基礎研究、個人認証におけるユーザー支援のための研究開発
略歴
2009年3月 岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 ソフトウェア情報学科 卒業
2011年3月 東北大学 大学院情報科学研究科 情報基礎科学専攻 博士課程前期2年の課程 修了
2014年3月 東北大学 大学院情報科学研究科 情報基礎科学専攻 博士課程後期3年の課程 修了
2014年4月~2018年3月 北海道情報大学 情報メディア学部 情報メディア学科(講師)
2015年4月~2018年3月 北海道情報大学 大学院経営情報学研究科(講師)
2018年4月~ 北海道情報大学 情報メディア学部 情報メディア学科・大学院経営情報学研究科(准教授)
学位
博士(情報科学) 2014年、東北大学
主な研究業績
論文(査読有):
・Masayuki Fukumitsu, Takashi Katoh, Bhed Bahadur Bista and Toyoo Takata,“A Proposal of an Associating Image-Based Password Creating Method and a Development of a Password Creating Support System,” 2010 24th IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA2010), pp. 438—445, 2010.
・Masayuki Fukumitsu, Shingo Hasegawa, Shuji Isobe, Eisuke Koizumi and Hiroki Shizuya,“Toward Separating the Strong Adaptive Pseudo-Freeness from the Strong RSA Assumption,” 18th Australasian Conference on Information Security and Privacy (ACISP2013), LNCS 7959, 72—87, 2013.
・Masayuki Fukumitsu, Shingo Hasegawa, Shuji Isobe and Hiroki Shizuya,“The RSA Group Is Adaptive Pseudo-Free under the RSA Assumption,” IEICE Trans. Fundamentals, Special Section on Cryptography and Information Security, Vol. E97-A, No.1, 200—214, 2014.
・Masayuki Fukumitsu, Shingo Hasegawa, Shuji Isobe and Hiroki Shizuya,“On the Impossibility of Proving Security of Strong-RSA Signatures via the RSA Assumption,” 19th Australasian Conference on Information Security and Privacy (ACISP2014), LNCS 8544, pp 290—305, 2014.
・Masayuki Fukumitsu, Shingo Hasegawa, Jun-ya Iwazaki, Masao Sakai and Daiki Takahashi,“A Proposal of a Password Manager Satisfying Security and Usability by Using the Secret Sharing and a Personal Server,” 2016 30th IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA2016), pp. 661—668, 2016.
・Masayuki Fukumitsu and Shingo Hasegawa,“Impossibility on the Provable Security of the Fiat-Shamir-Type Signatures in the Non-Programmable Random Oracle Model,” 19th Information Security Conference (ISC2016), LNCS 9866, pp. 389—407, 2016.
・Masayuki Fukumitsu and Shingo Hasegawa,“A Generic Construction of Tight Security Signatures in the Non-Programmable Random Oracle Model,” The International Symposium on Information Theory and Its Applications 2016 (ISITA2016), pp. 96—100, 2016.
・Masayuki Fukumitsu and Shingo Hasegawa, Jun-ya Iwazaki, Masao Sakai and Daiki Takahashi,“A Proposal of a Secure P2P-type Storage Scheme by using the Secret Sharing and the Blockchain,” 2017 31th IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA2017), pp. 803—810, 2017.
・Masayuki Fukumitsu and Shingo Hasegawa,“Impossibility of the Provable Security of the Schnorr Signature from the One-More DL Assumption in the Non-programmable Random Oracle Model,” The 11th International Conference on Provable Security (ProvSec2017), pp. 201-218, 2017.
・Masayuki Fukumitsu and Shingo Hasegawa,“A Galindo-Garcia-like Identity-Based Signature with Tight Security Reduction,” The 5th International Symposium on Computing and Networking (CANDAR'17), pp. 87-93, 2017.
・Masayuki Fukumitsu and Shingo Hasegawa, Shuji Isobe, Jun-Ya Iwazaki, Eisuke Koizumi, Masao Sakai, “A Method for Constructing an Autonomous Decentralized P2P Storage with High Confidentiality and Reliability,” The 4th International Workshop on Information and Communication Security (WICS'17), pp. 439-444, 2017.
・Masayuki Fukumitsu and Shingo Hasegawa,“Black-Box Separations on Fiat-Shamir-Type Signatures in the Non-Programmable Random Oracle Model,”IEICE Trans. Fundamentals, Special Section on Cryptography and Information Security, Vol. E101-A, No. 1, pp. 77-87, 2018.
・Naohiko Hayata, Shigeru Mukaida, Takanori Yamakita, Tohru Hirohku, Hajime Saito, Keitaro Oshima, Takayuki Fujiwara and Masayuki Fukumitsu,“The Curriculum Development to Accommodate Diverse Student Images by Incorporating CDIO Ideas,”14th International CDIO Conference, 2018.
・Masayuki Fukumitsu and Shingo Hasegawa,“A Generic Construction of an Identity-based Signature from a Sigma Protocol,” 2018 International Symposium on Information Theory and Its Applications (ISITA2018), pp. 75-79, 2018.
・Masayuki Fukumitsu and Shingo Hasegawa,“A Galindo-Garcia-like Identity-Based Signature with Tight Security Reduction, Revisited,” The 6th International Symposium on Computing and Networking (CANDAR'18), pp. 92-98, 2018.
・Masayuki Fukumitsu, Shingo Hasegawa,“A Tightly-Secure Lattice-Based Multisignature,”Proceedings of the 6th on ASIA Public-Key Cryptography WorkshopJuly 2019 (APKC'19), pp. 3-11, 2019.
・Masayuki Fukumitsu, Shingo Hasegawa,“One-More Assumptions Do Not Help Fiat-Shamir-type Signature Schemes in NPROM,”The Cryptographer's Track at the RSA Conference 2020 (CT-RSA 2020), pp. 586-609, 2020.

報告(査読有):
・斎藤 一, 向田 茂, 福光 正幸,“デザインマンホールを題材とした地域学習支援サイト開発,”北海道情報大学紀要, 30巻, 1号, pp. 103-110, 2018.

論文(査読無):
・福光 正幸, 長谷川 真吾, 磯辺 秀司, 岩田 直樹, 岩崎 淳也, 小泉 英介, 中田 恒夫, 酒井 正夫,“ ブロックチェーンと中央集権型サーバの連携による実用的スマートコントラクトの実現手法,”研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC), Vol. 2018-CSEC-82, No. 8, pp. 1-7, 2018.
・斎藤 一, 向田 茂, 福光 正幸,“デザインマンホールを題材とした北海道の地域学習に関する研究,”観光情報学会第16回全国大会講演予稿集, pp. 53-54, 2019.
・福光 正幸, 長谷川 真吾,“量子ランダムオラクルモデルで安全性証明可能な格子ベースのマルチ署名方式の実現に向けて,”2019年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2020), pp. 1-8, 2020.
所属学会及び
各種委員
所属学会:
IACR, 電子情報通信学会, 情報処理学会

委員:
・Organizing Committee, 5th International Conference on the Theory and Practice of Natural Computing (TPNC 2016)
・Program Committee, Track5, The Fifth, Sixth, Seventh International Symposium on Computing and Networking (CANDAR’17—’19)
・Program Committee, 4th, 5th, 6th International Workshop on Information and Communication Security (WICS’17—’19)
・Guest Editor, Special Section on Information and Communication System Security, IEICE Transactions on Information and Systems, published in Nov. 2018 and Jul. 2020.

特許
・特許第6567683号, 情報処理システム、情報処理装置、情報処理方法、及び、プログラム, 長谷川 真吾, 岩崎 淳也, 酒井 正夫, 高橋 大樹, 福光 正幸.
・特許第6545888号, 情報処理システム、公開鍵の変更方法、および、プログラム, 酒井 正夫, 岩崎 淳也, 小泉 英介, 長谷川 真吾, 磯邉 秀司, 福光 正幸.
表彰関係
情報処理学会東北支部奨励賞(2009), SCIS論文賞(2017), CANDAR Outstanding Paper Award (2017), FIT船井ベストペーパー賞 (2017)


地域協力・
産学連携
暗号理論、情報セキュリティ

どんな専門分野を教えていますか?

コンピュータを扱うための基礎や、プログラミング、インターネット通信の仕組み・セキュリティ技術について教えています。

大学の先生になる前は何をしていましたか?

教員になる前は学生をしていました。
学生時代は、インターネット上で使われている暗号技術の安全性に関する研究を行いながら、今話題のクラウドストレージを安全に扱うためのアプリの研究開発も行っていました。

高校生へのメッセージ

「情報流出」や「サイバー攻撃」という話はよく耳にするかと思います。
そのくらい、「セキュリティ」という言葉は社会で必要とされています。
その中で、サイバー攻撃に立ち向かう方法から、フィッシング詐欺などの脅威についてユーザーに分かりやすく伝える方法まで、セキュリティにまつわる課題が沢山あります。
是非、本学でこのようなセキュリティに関する課題の解決に向けて一緒にチャレンジできたら嬉しいです。

担当する授業

  • IoT時代のセキュリティ、インターネットセキュリティの技術、メディア技術演習、インターネットの仕組み、ネットワーク演習、情報メディアの数学II

趣味

ライブ観戦、旅行

教員一覧へ戻る

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ