入試情報

HOME > 入試情報 > 大学入試 > 学校推薦型選抜(公募制・指定校制) > 併願について・検定料

学校推薦型選抜(公募制・指定校制)

公募制

併願について

学校推薦型選抜(公募制)の選考方法が先端経営学科、システム情報学科、医療情報学科医療情報専攻、医療情報学科臨床工学専攻及び情報メディア学科において同じであることから、本人が希望すれば学部・学科・専攻併願(第2志望、第3志望・第4志望及び第5志望)をすることができます。
ただし、システム情報学科を併願する場合は、高等学校等における全体の学習成績の状況は3.2以上、
医療情報学科臨床工学専攻を併願する場合は、高等学校等における全体の学習成績の状況は3.5以上を目安とします。

学部・学科・専攻併願する場合の選考方法について

合格者を決定する段階で当初志望した学科・専攻(第1志望)が不合格となっても、第2志望、第3志望、第4志望及び第5志望でそれぞれ再審査します。再審査の結果、合格となれば第2志望、第3志望、第4志望または第5志望に記入した学科・専攻の合格通知書を発行します。

検定料

検定料:32,000円(学部・学科・専攻併願の有無にかかわらず一律です)

指定校制

併願について

学校推薦型選抜(指定校制)は併願することはできません。(第1志望のみ)

検定料

検定料:32,000円

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ