[ 医療情報学部 ]

医療情報学科

医療情報専攻診療情報管理コース

情報分析力を生かしてシステム開発も視野に

診療情報管理士には、病院の医療情報を分析し、院内外へさまざまに発信することが求められます。これに対応するために学ぶべきは「情報」「医療・医学」「医療システム」の3領域。まず、その基礎として診療情報管理学、情報処理技術、臨床医学、診療報酬請求事務、医療ネットワークシステム、医師法、医療法、健康保険法といった要素を学び、その上で3領域の専門科目を深く掘り下げます。ここで身につける質の高い情報分析力を生かして、病院のマネジメントに携わることも可能で、将来、管理職も目指せます。もちろん、質の高い情報処理技術の学びを生かしてシステム開発の仕事に就くことも可能です。「医療・医学」と「情報」の専門知識を併せ持つ医療系システム開発ができるエンジニアは希少な存在です。

「診療情報管理士」資格

現場では国家資格並みに評価されています。本学は北海道内では希少な認定大学、所定のカリキュラム履修により、3年次と4年次の2回受験が可能です。

<多くの卒業生が病院で活躍>

診療情報管理士資格を取得し病院に就職する卒業生が大半です。北海道大学病院など国公立の病院をはじめ、旭川や函館など地元の医療機関にUターンするケースもあります。勉強を進める中でICTへの興味を深め、その知識と技術を生かして医療機器メーカーに進む人も少なくありません。

医療情報専攻健康情報科学コース

食と健康と情報の力でヘルスケアのプロへ

食品には生命を維持する機能[1次機能]、色・味・香りなど感覚に働きかける機能[2次機能]、疾病予防など生体調節の機能[3次機能]があります。このコースでは基礎医学をベースに食品の機能と健康、疾病の関係について体系的に学びます。資格は健康食品管理士が取得可能です。食と健康への関心は高まっているものの実は医学的な見地からその有用性や安全性を結びつけられる人材は不足しているといわれます。その現状に対応することで、研究機関や食品・医薬品メーカー、ドラッグストアなどで専門家として活躍する人材を目指せます。そうしたプラスアルファの知識をアピール材料として、医療・健康に詳しいICTエンジニアを目指すことも可能です。

「健康食品管理士」資格

資格を取得できる認定校は、道内では本学を含め3校、全国でも国公立大学(13校)を含め51校(2020年度現在)だけ。この専攻では最短で3年次から、卒業までに3回受験できます。

<食品メーカーやドラッグストアへ>

さまざまな健康食品が流通する中で適切な食のアドバイスを行う健康食品管理士は注目を集めています。就職先は食品・菓子メーカー、ドラッグストア、フードサービス企業、医療・ヘルスケア産業、ICT企業などです。

医療情報専攻医療情報エンジニアコース

AIやIoTにも詳しい医療系SE養成コース

近年の病院はICT(情報通信技術)化が進んでいます。大規模病院では数百台ものパソコンがネットワークで結ばれ、医師、臨床工学技士、管理栄養士など医療チームのデータ管理に活用されています。
一方で、そうした専用システムを提供する企業も存在。医療の高度化に伴い、その役割を年々大きくしています。
ただ、実はこれらを担当する院内SE(システムエンジニア)・企業の医療系SEといったプロが足りていないのが実状。専門性の高い分野だけに人材育成が簡単ではないのです。医療情報エンジニアコースはそうした状況に対応して誕生したコース。AIやIoTにまでふれる密度の濃いカリキュラムで、各領域で即戦力として活躍できる力を身につけます。

「基本情報技術者」資格

エンジニアとしての即戦力が認められる国家資格。ICT業界では高く評価されています。これとともに医療関連の資格取得にもチャレンジします。

<医療費問題解消の鍵として政府も注目>

高齢化に伴い膨らむ医療費は政府にとって大きな問題。その解決を図る策の一つとして注目されているのがICTで、遠隔医療、効率化、予防や対策法の分析などが考えられ、そのシステムを開発する人材に期待を寄せています。

関連資格

  1. 診療情報管理士認定
  2. 医療情報技師
  3. 診療報酬請求事務能力認定試験
  4. 医師事務作業補助技能認定
  5. 医療事務技能審査試験
  6. 医療経営士
  7. 医療秘書技能検定試験
  8. 健康食品管理士
  9. 登録販売者
  10. 基本情報技術者

「診療情報管理士」は四病院団体協議会および医療研修推進財団より、「医師事務作業補助技能認定試験」は日本医療教育財団より、「健康食品管理士」は日本食品安全協会よりそれぞれ認定を得ています。
本学において所定の単位を修得することにより、受験資格を得ることができますので、在学中の資格取得が可能です。

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ