医療情報専攻

医療情報エンジニアコース

新たな技術にも強い医療系SEを養成

近年は病院のICT化が進み、大規模病院では膨大なPCや医療用機器がネットワークで結ばれ、絶えずデータが往来しています。このような医療用システムを開発・提供している企業の役割は年々大きくなっていますが、医療系のシステムエンジニア(SE)は不足しているのが実状です。そうした状況を踏まえて誕生した本コースでは、AIやIoTなども扱う幅広いカリキュラムを構成し、高度な医療系SEを養成します。

診療情報管理コース

マネジメントやシステム開発も視野に

医療情報を分析して院内外へ適切に発信することが求められる診療情報管理士。本コースでは、そのために必要な情報、医療・医学、医療システムの3領域について、基礎から応用まで着実に学びを積み上げていきます。多くの卒業生が診療情報管理士として活躍していますが、情報分析力を生かして病院のマネジメントに携わることや、ICTのスキルを生かして医療系システムエンジニアをめざすことも可能です。

健康情報科学コース

ICTとヘルスケアの学びで広がる将来

本コースでは、基礎医学をベースに食品の機能と健康、疾病の関係について体系的に学び、健康食品管理士の資格を取得することが可能です。医学的な知識を食や健康の分野と結びつけられる人材は不足しており、卒業後は研究機関、食品・医薬品メーカー、ドラッグストアなどで活躍するヘルスケアや予防医療の専門家をめざすことができます。また、医療や健康に精通したICTエンジニアやデータサイエンティストとして活躍するチャンスも広がっています。

関連資格

  1. 診療情報管理士認定
  2. 医療情報技師
  3. 診療報酬請求事務能力認定試験
  4. 医師事務作業補助技能認定
  5. 医療事務技能審査試験
  6. 医療経営士
  7. 医療秘書技能検定試験
  8. 健康食品管理士
  9. 登録販売者
  10. 基本情報技術者

「診療情報管理士」は四病院団体協議会および医療研修推進財団より、「医師事務作業補助技能認定試験」は日本医療教育財団より、「健康食品管理士」は日本食品安全協会よりそれぞれ認定を得ています。本学において所定の単位を修得することにより、受験資格を得ることができますので、在学中の資格取得が可能です。