臨床工学専攻臨床工学技士コース

ICTを学ぶ最高の環境で、新しい医療に欠かせない臨床工学技士をめざす。

医療は多分野のスペシャリストが協働することによって成立します。こうしたチーム医療に欠かせない職種のひとつが臨床工学技士。医療機器のハイテク化が進んでいる近年、これらを安全かつ効果的に活用できる臨床工学技士のニーズが高まっています。ICTの学びに強い本学には、新しい時代の臨床工学技士をめざすための最高の環境が整っています。

国家試験までの道のりを綿密にサポート

「臨床工学技士」の国家試験合格をめざし、医学と工学、情報を組み合わせた学びを基礎から応用まで展開するコースです。専門領域の科目には医用機器学、生体機能代行装置学、医療安全管理学、臨床実習などがあり、手術、補助循環、血液浄化(血液透析など)、心臓カテーテル、ペースメーカ、人工呼吸器、シリングポンプなどの機器点検や操作について学びます。高度なICTを活用する医療機器が増えるなか、医師や看護師だけではそれらの機能を十分に発揮しきれなくなっており、臨床工学技士の活躍が期待されています。

臨床工学技士はチーム医療の一員

「臨床工学技士」の国家試験合格をめざし、医学と工学、情報を組み合わせた学びを基礎から応用まで展開するコースです。専門領域の科目には医用機器学、生体機能代行装置学、医療安全管理学、臨床実習などがあり、手術、補助循環、血液浄化(血液透析など)、心臓カテーテル、ペースメーカ、人工呼吸器、シリングポンプなどの機器点検や操作について学びます。高度なICTを活用する医療機器が増えるなか、医師や看護師だけではそれらの機能を十分に発揮しきれなくなっており、臨床工学技士の活躍が期待されています。

臨床工学士の主な仕事

人工心肺装置
心臓手術の際、心臓や肺の代わりにその働きをする装置(人工心肺)を操作・管理します。

血液浄化業務
体内の老廃物を排泄・代謝できなくなった患者に、その機能を代替する装置の操作を行います。

呼吸治療業務
肺の機能が低下し、呼吸が不十分な患者に呼吸を代行するための人工呼吸器を装着します。

ペースメーカ
不整脈を持病とする患者の補助ペースメーカや除細動器の植え込み・管理を行います。

心臓カテーテル
心臓手術のための検査として機器を操作し、その記録をコンピュータで管理します。

手術室業務
手術が円滑に安全にできるよう、大小数々ある機器を操作および保守・点検・管理します。

関連資格

  1. 臨床工学技士(厚生労働大臣免許)
  2. 第1種ME技術者
  3. 第2種ME技術者
  4. 医療情報技師
  5. MDIC(医療機器情報コミュニケータ)