[ 医療情報学部 ]

医療情報学科

臨床工学専攻臨床工学技士コース

医学・工学の初歩から国家試験まで綿密サポート

本コースでは、医学と工学を広く深く学んでいきます。医用生体工学、医用機器学、生体機能代行装置学、医用安全管理学、関連臨床医学、臨床実習といった専門領域の科目を通し、手術、補助循環、血液浄化(血液透析など)、心臓カテーテル、ペースメーカ、人工呼吸器、シリングポンプなどの機器点検及び操作について学びます。とりわけInformation Technology(IT)を高度に活用する医療機器については、現場では医師と看護師だけではその機能を十分に発揮しきれなくなっており、臨床工学技士の活躍が望まれています。

「臨床工学技士」資格メモ

本専攻卒業により国家試験受験資格が得られます。試験は毎年3月に実施され、試験科目は9科目(医学概論、臨床医学総論、医用電気電子工学、医用機械工学、生体物性材料工学、生体機能代行装置学、医用治療機器学、生体計測装置学、医用機器安全管理学)。2021年の全国合格率は84.2%でした。

関連資格

  1. 臨床工学技士(厚生労働大臣免許)
  2. 第1種ME技術者
  3. 第2種ME技術者
  4. 医療情報技師
  5. MDIC(医療機器情報コミュニケータ)
1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ