[ 経営情報学部 ]

システム情報学科

システム情報専攻システムエンジニアコース

システムの専門家を目指す

情報システムは、世の中になくてはならない存在です。本コースでは、世の中を支える情報システムの設計・構築・運用に関わる幅広い知識と技術を身につけた、情報システムの専門家を育成します。

システム開発に関する基礎を学ぶ

システムエンジニアを目指す上で、データベース、ネットワーク、セキュリティ技術を幅広く身につけていることが重要です。これら技術の基礎を学ぶために、コース共通の科目「システム開発基礎ⅠとⅡ」があります。また、本学科のカリキュラムは、IT関連サービスの提供に必要とされる能力を明確化・体系化した指標である「ITスキル標準レベル2」(基本情報技術者相当)を網羅しており、広くIT技術者になるための基礎を学べます。

専門的で実践的な技術を身につける

基礎の次には、より専門的で実践的な技術を学んでいただきます。世の中にはさまざまな情報システムがありますが、多くの方が日常的に使っているのがWebアプリケーション(ブラウザを通して利用するサービス、スマートフォン用のアプリケーションも含む)です。このWebアプリケーションの設計・構築には、Web技術とデータベース技術が必要になります。これらを学ぶために「Webアプリケーション基礎」や「データベース」という科目を用意しています。また、「情報システムの設計」では、情報システムの要件定義から設計・開発までの具体的な手順と方法が学べます。ネットワークやセキュリティなどのシステム基盤技術を学ぶ科目も推奨しており、幅広く学んでいただきます。

システム情報専攻AIコース

AIエンジニアを目指す

これまで人間が行ってきた判断を、AI(人工知能)が代わって行うようになったという話をよく聞くようになりました。本コースでは、AIに詳しいAIエンジニアや、膨大なデータを分析してビジネスに生かす情報を取り出すデータサイエンティストを育成します。関係する科目について紹介します。

AIエンジニアに必要な技術を学ぶ

AIは、とても広い概念ですが、最近注目されているのは、「人が判断に使っていた情報をAIに入力すると人に代わって判断結果を出し、その判断が人間と同等かそれ以上の精度を持つ」という技術でしょう。AIがこのように判断できるのは、入力情報に対応した正解を与えて学習させる(機械が学習するので機械学習と言います)からです。この仕組みを、プログラミング実習もしながら学ぶのが「人工知能」と「データマイニング」という科目です。今注目されているディープラーニング(深層学習)についても学べます。

コンピュータグラフィックスと画像処理が学べます

AIは、データを解析する技術でもあります。そして、解析結果を一目で分かるように見せる技術(可視化技術)も重要です。特に画像として見せるためには「コンピュータグラフィックス」という科目を学ぶのがお勧めです。また、画像認識もAIの守備範囲ですので、「画像処理」という科目も関連しています。

AIの理論を深く知るための科目と発展的な科目があります

AIを支える技術として、数学があります。AIの理論を深く知るには、共通教育における数学と「離散数学」を学ぶことをお勧めします。これ以外にも、計算機の原理や最適な意思決定をするための科目があります。また、発展的な内容を学ぶ科目として「BIとビッグデータ」(BIはビジネスインテリジェンスの略で、データを解析してビジネスに活用すること)があり、例えば文書データの解析について学べます。

システム情報専攻ネットワーク・セキュリティコース

システムの安全を守る技術者を目指す

ITサービスを実現する情報システムには、ネットワーク、セキュリティ、データベースなどのシステム基盤技術が必要です。これらに関する深い知識と技術を身につけ、情報システムの構築や見守り(監視)の分野で活躍できる専門家を育成します。

ネットワークとセキュリティに関する高度な知識を身につける

最初は、コース共通の科目「システム開発基礎ⅠとⅡ」で、データベース、ネットワーク、セキュリティ技術の基礎を学んでいただきます。続いて、より専門的な科目である「ネットワークとセキュリティⅠとⅡ」を履修することで、深い知識を身につけていただきます。さらに、「ネットワークの構成と管理」という科目では、実際のネットワーク機器を使った演習があり、ネットワークを流れるデータを実感できるでしょう。そして、これらシステム基盤技術の専門的な知識を身につけた上で、情報システムの設計・開発・保守に携わることができるエンジニアを目指す意味から、システムエンジニアのための科目を学ぶことも推奨しています。

関連資格

  1. ITパスポート
  2. 基本情報技術者
  3. 応用情報技術者
  4. 情報処理安全確保支援士
  5. ネットワークスペシャリスト
  6. 高等学校教諭一種(情報・数学)
  7. 中学校教諭一種(数学) など
1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ