1. 北海道情報大学TOP
  2. 教員一覧
  3. 尾崎 博一先生

教員一覧

尾崎 博一教授

Hirokazu OZAKI

所属:
経営情報学部 システム情報学科
職名:
教授

研究室

301


担当する授業

オペレーティングシステム、ネットワークとセキュリティI、組込みシステム開発、ゼミナールI,Ⅱ,Ⅲ、卒業論文、オペレーティングシステム特論Ⅰ,Ⅱ(大学院)


ゼミの概要

現在、コンピュータやネットワークは私たちの日常生活に欠かせないものとなっています。それはあたかも電気・ガス・水道・交通機関のような存在と言ってもよいでしょう。コンピュータシステムやネットワークの大規模な障害は、社会に甚大な影響を及ぼすため、信頼性の確保と向上が非常に重要な課題となっています。当ゼミではコンピュータやネットワークの要素技術を深く学習し、高性能・高信頼のネットワークシステムを構築する方法を学びます。

2022/03/09更新

  • 経歴・業績
  • メッセージ
  • 研究分野

    コンピュータネットワーク、通信システム、信頼性

    専門及び研究内容

    コンピュータネットワークの信頼性の研究をしています。
    ネットワークを介して予備リソースを共有する様々な耐障害システムをモデル化し、通信の信頼性を利用者の観点から数学的に解析しています。

    略歴

    1983年3月 京都大学工学部電気工学科卒業
    1985年3月 京都大学大学院工学研究科 電子工学専攻 修士課程修了
    1985年4月 NEC(~2011年3月)
    2007年12月 会津大学大学院非常勤講師(~2014年3月)
    2009年9月 会津大学大学院コンピュータ理工学研究科 博士後期課程修了
    2011年4月~ 北海道情報大学経営情報学部 教授

    学位

    博士(コンピュータ理工学)

    主な研究業績

    論文:
    (1) Ozaki H, Optimal configuration of M-for-N shared spare-server systems. International Journal of Information and Communication Technology (ISSN: 1466-6642), Inderscience, 2019 14(2): 218-235 DOI: 10.1504/IJICT.2019.097694
    (2) Ozaki H, Availability of 1-for-2 shared protection systems with general repair-time distributions.
    Telecommunication Systems (ISSN: 1018-4864), Springer 2015 58(1): 3-16 DOI: 10.1007/s11235-014-9863-x
    (3) Ozaki H., Kara A., Cheng Z. User-perceived Reliability of Unrepairable Shared Protection Systems with Functionally Identical Unit. International Journal of Systems Science (ISSN: 0020-7721), Taylor & Francis.
    2012 43(5): 869-883 DOI: 10.1080/00207721.2010.543477
    (4) Ozaki H., Kara A., Reliability analysis of 1-for-2 shared protection systems with general repair time distributions. Applied Mathematical Modelling. (ISSN: 0307-904X), Elsevier 2012 36(1): 333-347 DOI: 10.1016/j.apm.2011.05.056
    (5) Ozaki H., Kara A., Reliability analysis of M-for-N shared protection systems with general repair time distributions. IEEE Transactions on Reliability (ISSN: 0018-9529) 2011 60(3): 647-657 DOI: 10.1109/TR.2011.2160669
    (6) Ozaki H., Kara A., Cheng Z. Service-Level Assurance of High Availability Multi-Unit Systems using the M-for-N Backup Scheme. Quality and Reliability Engineering International (ISSN: 0748-8017), John Wiley and Sons Ltd. 2011 27(7): 895-903 DOI: 10.1002/qre.1179
    (7) Ozaki H., Kara A., Cheng Z. User-Perceived Reliability of Shared Protection Systems with the Erlang type-k Repair Scheme. International Journal of Information and Communication Technology (ISSN: 1466-6642), Inderscience. 2011 3(3): 209-226 DOI: 10.1504/IJICT.2011.041925
    (8) Ozaki H., Kara A., Cheng Z. User-perceived Reliability of Priority Shared Protection Systems. International Journal of Quality & Reliability Management. (ISSN: 0265-671X), Emerald 2011 28(1): 95-108 DOI: 10.1108/02656711111097562
    (9) Ozaki H., Kara A., Cheng Z. User-perceived Reliability of M-for-N (M:N) Shared Protection Systems.
    IEICE Trans. INF.& SYST. (ISSN: 1745-1361) 2009 E92-D(3): 443-450 DOI: 10.1587/transinf.E92.D.443

    査読付き国際講演論文:
    (1) Ozaki H. User-perceived availability of M-for-N shared spare-server systems with general repair-time distributions. Proceedings of the IEEE International Conference on Awareness Science and Technology and Ubi-Media Computing (iCAST-UMEDIA), Aizu-Wakamatsu, Fukushima, November 2013. IEEE Computer Society Conference Publishing Services (CPS): 2013; 735-740 DOI: 10.1109/ICAwST.2013.6765534
    (2) Ozaki H., Kara A., Cheng Z. User-Perceived Reliability of Shared Protection Systems with a Finite Number of Repairers. Proceedings of IEEE International Conference on Computer and Information Technology (CIT) Xiamen, China, October 2009, IEEE Computer Society Conference Publishing Services (CPS): 2009; 3-8 DOI 10.1109/CIT.2009.44

    所属学会及び各種委員

    IEEE、電子情報通信学会

    特許

    (1) 8279762(US), 2012/10/2, Interface switching method and device
    (2) 8204380(US), 2012/6/19, Bandwidth allocation method, optical line terminator, subscriber station, communication system, and recording medium, recording program of device
    (3) 8190029(US), 2012/5/29, Bandwidth allocation method, optical line terminator, optical network unit, communication system, and recording medium, recording program of device
    (4) 2071780(DE, FR, GB), 2011/11/30, Network, node device, network redundancy method and recording medium
    (5) 8019220B2(US), 2011/9/13, PON system, station side device and redundant method used for the same
    (6) 1104704(HK), 2011/7/29, Station side apparatus of wavelength multiplexing PON system, wavelength and network address allotting method and program thereof
    (7) 7945163B2(US),2011/5/17, Station side apparatus of wavelength multiplexing PON system, wavelength and network address allotting method and program thereof
    (8) 7936781(US), 2011/5/3, Bandwidth control apparatus, bandwidth control method, and bandwidth control system
    (9) 1788735(DE, FR, BG), 2011/3/30, Equipment and method for band allocation
    (10) 1841114(DE, FR, GB, IT, SE), 2011/3/16, Station side apparatus of wavelength multiplexing PON system, wavelength and network address allotting method and program thereof

  • どんな専門分野を教えていますか?

    コンピュータやネットワークの技術の基礎、組み込みシステムの開発などを教えています。

    大学の先生になる前は何をしていましたか?

    大学卒業後26年間、電機メーカーで技術者として光ネットワーク装置の開発をしていました。

    高校生へのメッセージ

    北海道情報大学は情報通信技術に特化している非常にユニークな大学です。
    本学でコンピュータやネットワークの技術をしっかり学び、優秀な情報技術者として社会で活躍してみませんか。

    担当する授業

    オペレーティングシステム、ネットワークとセキュリティI、組込みシステム開発、ゼミナールI,Ⅱ,Ⅲ、卒業論文、オペレーティングシステム特論Ⅰ,Ⅱ(大学院)

教員一覧へ戻る