1. 北海道情報大学TOP
  2. 教員一覧
  3. 上杉 正人先生

教員一覧

上杉 正人教授

Masahito UESUGI

所属:
医療情報学部 医療情報学科
職名:
教授

研究室

132


E-mail

uesugi@do-johodai.ac.jp


担当する授業

医療情報学概論
病院情報システム概説
医用画像論
プログラミング入門
Javaプログラミング基礎演習Ⅰ


ゼミの概要

主に医療情報システムを対象に研究を行っています。
例えば、CTやMRI検査の1検査当りの画像の変化を調査しその原因背景をしらべたり、近年の医療クラウド化(外部保存)について可能性や課題を研究しています。
また、コンピュータシミュレーションで集団の人数と血液型のパターンの変化から人類の移動を探ったりしています。

2019/09/23更新

  • 経歴・業績
  • メッセージ
  • 研究分野

    博士(社会医学)。研究分野は医療情報システム開発、医療言語処理、画像処理。診療放射線技師として13年間病院に勤務し、放射線情報システム開発会社を起業。近年は人工知能を医療へ応用する研究に取り組んでいる。日本医療情報学会、日本放射線技術学会などに所属。

    専門及び研究内容

    医療情報システムに関する研究

    略歴

    1980年3月 北海道大学医学部附属診療放射線技師学校卒業
    1980年4月 勤労者医療協会札幌病院
    1985年9月 社会福祉法人恩賜財団済生会 小樽北生病院
    1987年8月 碩心会 北海道大野病院
    1993年8月 株式会社ジェイマックシステム
    2009年3月 北海道大学医学研究科(社会学専攻)博士課程修了
    2009年4月 北海道情報大学経営情報学部(教授)

    学位

    医学博士(2009年、北海道大学)

    主な研究業績

    著書:
    ■「医用画像情報管理」日本医用画像管理学会、2015(共著)
    ■「医療情報技師能力検定試験過去問題・解答集」医療情報技師育成部会、2012-2014(共著)
    ■「Javaによる医療言語処理入門」ピラールプレス、2012(単著)
    ■「フィルムレスパーフェクトブック」日本放射線技師会出版、2009(共著)
    論文:
    ■読影レポート中に出現する用語と動詞句との関連に関する基礎的研究、医療情報学(2013)
    ■An ontology design for visualizing implicit knowledge of the radiotherapy risk. Studies in health technology and informatics(2013)
    ■Social Learning System による資格対策のための学習システムの構築、医療情報学(2012)
    ■Development of terminology for mammographic techniques for radiological technologists. Radiological Physics and Technology(2011)
    ■妊婦一般健康診査への階層タスク分析 札幌市の妊婦健診への適応、医療情報学(2011)
    その他:
    ■シンポジウム「画像情報の地域連携と外部保存を考える 画像情報のオンライン連携サービスの現状」日本放射線技術学会雑誌、(2014)
    ■解説「クラウドってなに? 医療における可能性と課題」日本放射線技術学会雑誌(2012)

    所属学会及び各種委員

    日本放射線技術学会 北海道部会 医療情報システム専門委員会委員
    日本放射線技師会 医用画像管理学会役員
    日本医療情報学会 医療情報技師育成指導者
    医用画像情報学会、日本知能情報ファジイ学会、他

    表彰関係

    優秀論文賞(1994)、学術奨励賞(1994)、Certificate of Merit(1998)

    地域協力・産学連携

    医療情報システムに関する研究・講演

  • どんな専門分野を教えていますか?

    医療情報学の全般的な講義から医用画像システムの構築などを講義しています。
    またプログラミングの基礎から医療文書を解析するプログラムの作成まで実習を通して教えています。

    大学の先生になる前は何をしていましたか?

    大学の前は、医療情報システムの会社を友人と起業しました。
    開発、SEから営業まで何でもしました。
    いろいろな部門を立ち上げながら、プログラムも書いていましたね。
    企業の前は医療機関で診療放射線技師として病院で13年間働いていました。
    最後の5年間は核医学検査で検査の傍ら臨床用のプログラムを書いてました。

    高校生へのメッセージ

    医療と情報に興味がある学生は大歓迎です。
    医療情報は患者の命を救うため医療機関の基盤となっています。
    医療と情報の両方を一緒に楽しく学びましょう。

    担当する授業

    医療情報学概論
    病院情報システム概説
    医用画像論
    プログラミング入門
    Javaプログラミング基礎演習Ⅰ

    趣味

    音楽鑑賞とギター演奏(Jazzやボサノバなど)
    読書(乱読)
    プログラミング
    キャンプや登山(最近は時間がない)
    温泉旅行

    フォトアルバム
教員一覧へ戻る