1. 北海道情報大学TOP
  2. 教員一覧
  3. サイモン ソーラ先生

教員一覧

サイモン ソーラ教授

Simon THOLLAR

所属:
経営情報学部 システム情報学科
職名:
教授

研究室

317

2019/04/11更新

  • 経歴・業績
  • メッセージ
  • 研究分野

    英会話、英語の発音、e-learning、動機づけ

    略歴

    1982 Bachelor of Arts, University of Tasmania
    1983 Bachelor of Education, University of Tasmania
    1984-87 Post Graduate Diploma of Special Education, Univ Tas
    1983-86 Teacher, Warrane High School, Tasmania
    1987-90 非常勤講師、東海第四高校/札幌大学
    1990-91 Teacher, Rose Bay High School, Rosny College, Tasmania
    1991-93 非常勤講師、北海道情報大学、 東海第四高校
    1993-現在 北海道情報大学経営情報学部(教授)

    学位

    Master of Arts in Advanced Japanese Studies(2002、University of Sheffield, UK)

    主な研究業績

    著書:
    ・Speak Out! 第2版発行 丸善プラネット株式会社 2003 3 20
    ・Hobbyman 第2版発行 丸善プラネット株式会社 2003 3 20
    ・Thollar, S. (2013). Motivating Students With Humorous One-Point Videos. In N. Sonda & A. Krause (Eds.), JALT2012 Conference Proceedings. Oct 12-15, 2012, Tokyo: JALT, pp.506-515.
    ・Thollar, S., Araki, Y & Okuyama, S. (2013),.The Application of Entertaining, One-Point Videos as Motivational Learning Material in Remedial English Education, 北海道情報大学紀要論文 第25巻1号,pp.1-14.
    ・Thollar, S. (2013). Improving teaching skills and strategies through awareness of individual teaching traits, 北海道情報大学紀要論文 第24巻2号,pp.15-28.
    ・Thollar, S. (2012). The design and construction of a readily accessible on-line student skills taxonomy to quantify abilities, skills and achievements, 北海道情報大学紀要論文 第24巻1号,p・p.17-32. Thollar, S. (2012). Improving auditory L/R discrimination through the design and implementation of serious games, 北海道情報大学紀要論文 第24巻1号,pp.1-15.
    ・Takeuchi, N., Thollar, S. & Yasuda, M. (2010). HIU Campus English Video Quiz with a Possible Method of English Proficiency Test, 北海道情報大学紀要論文 第21巻2号,pp.49-56.
    ・Tanaka, H, McLarty, C., Thollar, S. & Maeda, M. (2010), Using a Language Skills Description Model to Develop an e-Learning Portfolio and English Teaching Materials, 日本教育工學會研究報告集 2010(2), pp.137-142.
    ・Thollar, S. (2008). Trade, Treaties and Bilateral Agreements between Japan and Australia: - Group Research Concerning the Proposed Free Trade Area of the Asia Pacific Region, 北海道情報大学紀要論文 第20巻1号,pp.105-115.
    ・Thollar, S. & Maeda, S. (2008). An Investigation on the Feasibility of Applying Language Study to Hokkaido Information University’s Gendai GP IT Student Learning Framework, 北海道情報大学紀要論文 第19巻2号,pp.39-55.
    ・Thollar, S. (2008). The Role of Japan, China and Australia in the Building of the East Asian Community, 海道情報大学紀要論文 第19巻2号,pp.77-94
    ・Thollar, S. (2003), The emergence of enjo kosai in Japanese society, and whether it should be labelled as child prostitution, 海道情報大学紀要論文 第15巻1号,pp.15-32
    ・Thollar, S. (2000), An Analysis of the Effect of Recommended Reforms on Liberalism in the Japanese Education System, 海道情報大学紀要論文 第12巻1号,pp.1-23.
    ・Thollar, S. (2000), Remedial measures in helping Japanese speakers of English in the articulation of vowels, 海道情報大学紀要論文 第11巻2号,pp.31-47.
    ・Thollar, S. (2003), Remedial Strategies in Helping Japanese Speakers of English Improve their Articulation of Pulmonic Consonants, 海道情報大学紀要論文 第10巻1号,pp.129-155.

    所属学会及び各種委員

    JALT 全国語学教育学会 (JALT)
    JALTCALL 全国語学教育学会のICT関係所属学協会
    EPA 関係性の教育学会
    KOTESOL 韓国英語教育学会

    地域協力・産学連携

    英語の発音に関する研究、教育制度に関する研究、e-learningに関する研究、モチベーションに関する研究

教員一覧へ戻る