1. 北海道情報大学TOP
  2. 教員一覧
  3. 西部 俊哉先生

教員一覧

西部 俊哉教授

Toshiya Nishibe

所属:
医療情報学部 医療情報学科
職名:
教授

研究室

121

2022/04/22更新

  • 経歴・業績
  • メッセージ
  • 研究分野

    外科・血管外科・血管内治療

    専門及び研究内容

    血管外科手術における手技の改良、機器の開発

    略歴

    1980年 4月 北海道大学医学部医学科
    1986年 4月 北海道大学大学院医学研究科博士課程
    1991年 4月 帯広厚生病院外科(医員)
    1992年 4月 北海道大学医学部外科学第二講座(研究生)
    1993年 2月 北海道大学医学部附属病院手術部(助手)
    1995年10月 Uniformed Services University of the Health Sciences(Assistant Professor of Surgery)
    1997年 7月 Hope Heart Institute, Department of Molecular Biology (Research Fellow)
    1998年 9月 北海道大学医学部附属病院循環器外科(医員)
    2000年 8月 北海道大学医学部附属病院輸血部(助手、院内講師)
    2002年11月 藤田保健衛生大学胸部外科(講師)
    2008年 4月 東京医科大学八王子医療センター心臓血管外科(助教、講師、准教授)
    2011年 4月 東京医科大学第二外科講座(現心臓血管外科分野)(准教授・教授)
    2022年 4月〜 北海道情報大学医学情報学部(学部長・教授)

    学位

    医学博士

    主な研究業績

    総論文数 241編
     英文論文152編:原著91編、総説10編、症例報告51編(責任著者89編)
     和文論文89編:原著29編、総説38編、症例報告22編

    以下に代表的論文を列記する.
    Nishibe T, Parry G, Ishida A, Aziz S, Murray J, Patel Y, Rahman S, Strand K, Saito K, Saito Y, Hammond WP, Savidge GF, Mackman N, Wijelath ES. Oncostatin M promotes biphasic tissue factor expression in smooth muscle cells: evidence for Erk-1/2 activation. Blood. 2000; 97:692-9. (IF=22.113)
    Nishibe T, Okuda Y, Kumada T, Tanabe T, Yasuda K. Enhanced graft healing of high-porosity expanded polytetrafluoroethylene grafts by covalent bonding of fibronectin. Surg Today. 2000; 30:426-31. (IF=2.549) Kudo FA, Nishibe T (corresonding author), Nishibe M, Yasuda K. Autologous transplantation of peripheral blood endothelial progenitor cells (CD34+) for therapeutic angiogenesis in patients with critical limb ischemia. Int Angiol. 2003; 22:344-8. (IF=2.789)
    Nishibe T, Kondo Y, Dardik A, Muto A, Koizumi J, Nishibe M. Hybrid surgical and endovascular therapy in multifocal peripheral TASC D lesions: up to three-year follow-up. J Cardiovasc Surg (Torino). 2009; 50:493-9. (IF=1.888)
    Shigematsu H, Nishibe T (corresonding author), Obitsu Y, Matsuzaki K, Ishida A, Miyata T, Shindo S, Hida K, Ohta T, Ando M, Kawasaki T, Yasugi T, Matsumoto T. Three-year cardiovascular events and disease progress in patients with peripheral artery disease: results from the Japan Medication Therapy for Peripheral Artery Disease. Int Angiol. 2010; 29:2-13. (IF=2.789)
    Nishibe T, Dardik A, Koizumi J, Kano T, Iwahashi T, Kamiya K, Fujiyoshi T, Ogino H. Simple renal cyst and its association with sac shrinkage after endovascular aortic repair for abdominal aortic aneurysms. J Vasc Surg 2019; 71:1890-8. (IF=4.268)
    Nishibe T, Nishibe M, Akiyama S, Nukaga S, Ogino H, Koizumi J, Dardik A. Bioelectrical impedance analysis of leg edema and its association with venous functions in patients with saphenous varicose veins. Int Angiol. 2020; 39:284-9. (IF=2.789)
    Nishibe T, Kano M, Maekawa K, Akiyama S, Nukaga S, Koizumi J, Dardik A, Ogino H. Association of preoperative pulse wave velocity to aneurysm sac shrinkage after endovascular aneurysm repair. Int Angiol. 2021; 40:409-15 (IF=2.789)

    所属学会及び各種委員

    日本外科学会会員
    日本血管外科学会評議員
    日本心臓血管外科学会評議員
    日本脈管学会評議員
    日本静脈学会評議員
    大動脈ステントグラフト研究会世話人

  • 高校生へのメッセージ

    ICT教育を通じて医療技術のスペシャリストへ
    医療情報学部では、医療情報専攻と臨床工学専攻を開設しています。医学・診療情報・健康情報・臨床工学の分野において専門的知識や実践的技術を習得し、様々な医療関連の資格を取得することができます。
    また、本学の強みであるICT(情報通信技術)教育を通じて、病院のような医療機関だけでなく医療関連の企業・研究機関で幅広く活躍できるスペシャリストの育成を目指しています。

教員一覧へ戻る