企業・地域の方へ

HOME > 企業・地域の方へ

学長 西平 順(にしひら じゅん)

PROFILE プロフィールPROFILE プロフィール

学長 西平 順

昭和54年北海道大学医学部医学科卒業、横須賀米海軍病院研修医、北海道大学医学部内科学第二講座医員。昭和59年~60年米国ノースカロライナ州ウェイクフォリスト大学ボウマングレイ医学部リサーチフェロー。 平成4年北海道大学医学部中央研究部講師、平成10年北海道大学医学研究科分子医科学助教授。平成18年北海道情報大学教授、平成28年北海道情報大学副学長、令和3年北海道情報大学学長。 研究領域(医学博士):糖尿病、肥満、腸管免疫、臨床栄養

北海道情報大学は、平成元年に「情報化社会の新しい大学と学問の創造」を建学理念として創立されました。いち早く、情報化社会の到来を想定し、情報化社会が求める人材の育成と新しい教育の創造を理念に、北海道のみならず全国で大きな足跡を残してきました。 21世紀に入り、グーグルなどGAFAに象徴されるように、情報技術は社会インフラとして様々な分野に浸透し、世界の政治経済へ大きな影響を与える巨大ネットワークに成長しています。このような情報社会の変動の中で、本学は滞ることなく情報技術の教育環境の構築に取り組んできました。これまで、学生全員に共通のパソコンを必須の学習ツールとして他大学に先駆けて導入し、また大学院教育のための先端的情報設備を備えた研究室の整備など、情報技術を実践的に学ぶ環境があります。 新型コロナ感染症パンデミックの拡大により、社会全体がこれまでに経験したことのない苦境に陥っています。これを解決するには情報技術の活用が必須であり、一刻も早い高度なIT技術者の育成が求められています。本学には、その人材育成の任務が課せられており、社会からの大きな期待があります。 将来が見通せないコロナ禍にあって、超高速ネットワーク「ギガビットLAN」により数百台のコンピュータを接続、インターネット利用環境の充実や学生個々のニーズに対応するためオンデマンドな学修環境を用意しました。また、デジタルトランスフォーメーションを積極的に推進するため、ハイフレックス型パーソナルエデュケーションモデル」の構築や、高度化するチーム医療に対応した「ハイフレックス型VR/MR実験・臨床実習の実現を目指しています。これらの取組みを実現し、すべての学生に対し「学修者本位の教育」を促進します。また、大学キャンパスでの勉学のみならず、スポーツ、クラブ活動を思う存分楽しめる設備も設け、バランスのとれた人材育成に取り組んでいます。 新型コロナウイルス感染症により、社会全体が大きく変わろうとしています。本学は、このような歴史の転換期にあって新たな希望を持ち、新たな社会課題に挑戦する情報エキスパートの育成を推進します。

01

 IT実学教育+学外プロジェクトが、 専門力・即戦力を磨きます。

「自分の頭で考え」「実践できる」「行動力がある」「仲間と協働できる」、有能な人材の育成を目的に、本学ではPBL(Project Based Learning=問題発見解決型学習)を積極的に導入しています。社会に出て、一つの仕事をやり遂げるにはいろんな力が必要です。しかし、一般的に大学では理論教育が先行し、実践に取り組む機会は少ないのが現状。本学はそうした問題に注目し、早くからPBLに取り組んできました。ここに紹介するのはその数々です。チームを組み、地域や企業と協力して、さまざまな問題解決に向かう、リアルでダイナミックなこの取り組みは「手応え十分!」と学生たちにも好評です。

06

市民・社会連携講座のご案内

社会教育活動の一環として、江別市とその近郊にお住まいの皆様を対象とした「公開講座」、「教員免許状更新講習」、「ヘルスイノベーションカレッジ」の3種類の市民向け講座を提供しています。なお、本学では各広報媒体の掲載時期によって時間差が生じることを考慮し、講座ごとに申込期間を設定しておりますことをご了承ください。皆様のご参加をお待ちしております。

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ