[ 経営情報学部 ]

システム情報学科

学びの特徴

世の中で役に立つ情報システムを作る人になりませんか?
AIやセキュリティ技術に精通して、
皆が驚くような仕組みを作りませんか?
GPSや衛星画像の原理と利用技術を知り、
世の中をもっと便利にする人になりませんか?

システムエンジニアは現代社会に必須の存在

世の中には、ネットショップ、eゲーム、e決済、AI、IoTなど情報システムを利用した商品やサービスがあふれています。システムエンジニアは、その根幹に携わる縁の下の力持ち。正確かつ安全・安心に利用できる情報システムづくりで人々の社会生活に貢献しています。本学科では、システムエンジニアに必須となるプログラミング・スキルを確実に修得するのと並行し、最新のデータベース、ネットワーク、セキュリティを学んでいきます。

まだ無限大の可能性を秘めている情報システム

「あったらいいな、できたらいいな」を次々に実現させているICT。その可能性は、まだ尽きるところを知りません。特にAIは人の働き方にも大きな影響を与えるほどのポテンシャルを秘めています。本学科ではそのAIの最前線にもアプローチ。中でも画像分類や言語・音声処理に力を発揮するディープラーニング、GAN(敵対的生成ネットワーク)などを学び、柔軟発想による新しい「あったら、できたら」にチャレンジします。

ICT理解と柔軟発想で次代のイノベーターを目指す

「超スマート社会(Society 5.0)」と言われる現代。ICTの進化は数々のイノベーションを生み出しています。例えばGPSを応用した自動走行車は交通事故を減らすと期待されています。太陽光など再生可能エネルギーの主電力化は地球温暖化を防ぎ、ロボティクスを活用したスマート農業は効率的な食物生産と食品ロスの削減に貢献すると考えられています。本学科ではそうした社会に貢献する“イノベーター”育成も視野に入れています。

1つ前のページへ1つ前のページへ
ページ上部へページ上部へ